JCG 2015 大会ルール

2015.04.28

JCG Hearthstone 2015 ルール 目次

1. 共通ルール
1.1. 参加資格
1.2. 共通ルール
1.3. 試合方式:コンクエストフォーマットについて
1.4. ディスコネクト(回線切断)について
1.5. 禁止行為について
2. 進行手順
2.1 大会登録手順
2.2 大会進行手順
2.3 遅刻の処理
2.4 試合結果の報告
3. HSオープントーナメント
4. HSプロリーグ
4.1 プロリーグ共通ルール
4.2 賞金
5. 罰則規定
6. 運営チーム

1. 共通ルール

 1.1. 参加資格

  • JCGのアカウントを作成し、ログイン可能であること
  • HearthstoneのAmericasサーバーのアカウントを所持しており、対戦が可能であること
  • 日本語でのコミュニケーションが可能であること
  • サイト内の大会チャットルームが利用でき、運営からの連絡が受けとれること

 1.2. 共通ルール

  • 参加時に使用クラスを3体登録する。ここで決めたクラスは大会中変更できない
  • 試合方式はコンクエストフォーマット(後述)で行う
  • 大会の一部の試合は観戦機能(Spectate Mode)を使用して配信される場合がある。配信試合の選手は運営の指示(運営アカウントのフレンド登録、観戦の許可、マリガン画面での一時停止)に従わなければならない

 1.3. 試合方式:コンクエストフォーマットについて

  • 複数本先取(BO3, BO5など)の試合において、「勝利したデッキ」が以降のゲームで使えなくなるフォーマット。
  • たとえば「Mage」「Druid」「Paladin」の3デッキを用意し、1戦目を「Mage」で勝利したとする。2戦目以降使えるのは「Druid」「Paladin」のみ。以降「Druid」でも勝利した場合、残るゲームでは「Paladin」しか使えない
  • 両選手は試合開始前に相手の3クラスを確認できる。しかしゲームで相手がどのクラスを選ぶかは、そのゲームが始まるまでわからない

 1.4. ディスコネクト(回線切断)について

  • 基本ルール:ディスコネクトが発生した側の敗北としてカウントされる。但し、両選手間で合意があった場合はこの限りではない
  • プロリーグの決勝戦のみ:ディスコネクト発生時点でのゲーム状況から、勝敗が明確な場合を除いて再試合とする

 1.5. 禁止行為について

  • 試合中のデッキ変更、調整は認められません。
    • また大会中の使用ヒーローの変更は認められません。
    • 試合中のデッキの変更、調整が発覚した場合は該当試合を敗北とします。
    • 同様に大会中の使用ヒーローの変更が発覚した場合も該当試合の敗北となります。
    • 対戦相手のデッキ変更、登録ヒーローの違いを見つけた場合は、その場面のスクリーンショットを撮影し運営に抗議することが出来る。
  • 選手は対戦申し込み(Challenge)を行った後、デッキ選択画面から退室してはならない
    • 試合中に誤って退室した場合は速やかにその理由を対戦相手に説明し、再開すること。ただし退室した時点で事故か故意かの判断は対戦相手に委ねられ、故意だと判断された場合はその時点で不戦敗となる
    • 相手が不審な動き(試合の途中で退室する等)を見せた場合、その場面のスクリーンショットを撮影し運営に抗議することができる
  • 敗退が確定した場合を除き、参加選手はJCG及び一般ユーザー、選手の行う大会配信を見てはならない
  • 試合中、Hearthstoneに関連し試合展開を助ける外部ソフトウェアの使用を禁止する。使用可能なリストに掲載されていないソフトウェアを使用する場合、選手は運営に連絡し使用の合否について確認を取らなければならない。使用可能・不可能なツールのリストは予告無しに変更される場合がある

使用を禁止するソフトウェア

  • Hearthstone Deck Tracker
  • 炉石盒子

使用可能なソフトウェア

  • Hearthstone Tracker

その他

  • その他、悪意ある遅延行為・回線切断行為、対戦相手に対する罵詈雑言などあらゆる不正行為及びスポーツマンシップに反する行為、大会のスムーズな運営を妨げる行為を禁止する
  • 該当する禁止行為を行った選手に対しては、程度に応じてペナルティ(後述)を科す

2. 進行手順

2.1 大会登録手順

  1. JCGのアカウントを作成し、ログインする
  2. マイページで使用する3クラスを記載する。ここで決めたクラスは大会中変更できない
  3. 各大会ページから『参加登録』を行う
  4. 大会開始時間までにチェックインを行う。自分の名前枠が青く変更していることを確認する
  5. 各大会ページ右上のリンクボタンから大会チャットに入室する

※以上の点は大会参加についてのページも参照

2.2 大会進行手順

  1. 大会開始時、もしくは試合開始10分前までに対戦相手をフレンド登録しておく
  2. 大会前に使用するデッキを確認する。大会参加後のデッキ編集は許可されない
  3. 対戦相手に対戦を申し込む
  4. デッキを選択し、対戦を行う。対戦申し込み後はデッキ選択画面から退室してはならない
  5. 2戦目以降は、前述のコンクエストフォーマットに則り「勝利したデッキ」が使用不可能となる。以降、オープンならどちらかが先に2勝するまで、Pro Leagueなら先に3勝するまで対戦を繰り返す
  6. 試合決着後、結果を報告(後述)する。勝ち上がった場合は次の試合を行う
  7. その他、何かトラブルや質問がある場合は大会運営チャットまで連絡すること

2.3 遅刻の処理

  1. 対戦相手から反応がない場合、参加選手は運営に遅刻者の報告を行なう
    • 運営は対戦者不在の報告が入り次第、状況確認を実施する
    • 対戦者不在が確認できた場合も、連絡があるまで10分間の確認・猶予時間を取る
  2. 対戦相手が10分以内に復帰した場合、その原因を確認し運営が妥当であると判断した場合(例:不慮のクライアントクラッシュやPCの再起動など)は試合を続行する
  3. 10分が過ぎる、または運営が不在理由を不適切と判断した場合、その試合は報告した選手の『不戦勝』となる
    • たとえば、試合開始時間が「21:00」だったとする。その場合「21:10」までが確認・猶予時間である。選手の復帰が「21:11」以降であった場合、いかなる理由であっても選手の復帰は認められない
    • 前試合終了後、5分間は休憩時間として認められる。例えば、次の試合開始時間が「21:50」で、前試合の終了が「21:55」だった場合は、そこから5分間(「22:00」まで)が休憩時間として認められる。確認・猶予時間は「22:10」までである

2.4 試合結果の報告

  1. 勝利した試合結果のスクリーンショットを保存すること
    スクリーンショットが無く、対戦相手からの試合結果に異議があった場合は再試合となる

    勝利画面のスクリーンショット例
     
  2. 対戦結果は各自入力を行うこと

    対戦詳細画面へは、トーナメント上の自分の対戦をクリックする



    全試合終了後は結果を入力する。対戦結果を入力し、最終結果を登録すること
    結果報告時にスクリーンショットのアップロードは必要ないが対戦結果に異議があった場合はスクリーンショットを提出する必要がある

3. HSオープントーナメント

  • 毎月第2金曜と第4金曜の21:00~24:00に開催(計2回)
  • 2本先取(BO3)のコンクエストフォーマット
  • 参加人数無制限
  • 敗者復活、3位決定戦無しの8名トーナメントを人数分作成する
  • 各トーナメントの上位1名が次回のHearthStone Pro League出場権を獲得する

4. JCG HearthStone Pro League

4.1 Pro League共通ルール

  • 各月の第2金曜、第4金曜、第4土曜日に開催
  • 大会は以下の2段階に分かれる
    • グループステージ:敗者復活無しの各4名トーナメント×8組(32名)、各上位1名が決勝トーナメントに進出
    • 決勝トーナメント:敗者復活無しの8名トーナメント
  • グループステージを勝ち抜くと、次回Pro Leagueへの出場権を得られるが、Open Classへの出場権を失う
  • Pro Leagueは全試合3本先取(BO5)のコンクエストフォーマットで行う
  • グループステージ及び決勝トーナメント(第2金曜日と第4金曜日)開始日の16時までにデッキリストを提出すること。提出は全カードが認識できる形なら形式は問わない。グループステージと決勝トーナメントの間では3クラス及びデッキリストの変更も可能である。eメールにて運営スタッフ( staff@j-cg.com )へ送付すること
    ※デッキリストの提出がなかった場合ペナルティを付与する可能性があります。
  • 提出したデッキリストは決勝トーナメント終了後、上位プレイヤーのデッキリストを公開する場合がある。しかし、大会の試合前に提出したデッキリストが公開されることはない

4.2 賞金

  • 各大会の記載に準じる。賞金の受け渡しは銀行振り込みのみで行う。振込先は日本国内の銀行口座のみが対象となる

5.罰則規定

JCGの運営する大会において規定されているルールに違反した場合ペナルティを科す。その他、例えば以下の場合などにペナルティが科される
  • JCG 運営ポリシー への違反(ペナルティ レベル3~4)
  • 大会開始後での大会からの棄権
  • Pro League 大会期間中の棄権 
    ※ Pro League はグループステージ~決勝トーナメントまでが1つの大会期間となる。グループステージ参加へチェックインした時点でPro League大会への参加意思表明と見なし、勝ち上がった場合決勝トーナメントへの参加義務を負う。グループステージへのチェックインをしなかった場合、大会不参加となりペナルティは科されない

やむをえない事情があると運営が判断した場合、ペナルティを科さない場合がある

ハラスメント

ハラスメントの報告があり、運営スタッフが協議の結果ハラスメント行為をしたと認められた場合、そのプレイヤーにペナルティを科す

ペナルティレベル

ルールの違反があった場合、内容に合わせて以下のペナルティを付与する。ペナルティは回数によってレベルが自動的に一つずつ引き上げられる。ペナルティの回数はシーズンを持ち越して継続し、減ざれることは無い。また、運営判断により付与されるペナルティレベルはその都度変更する
  • レベル1: 警告
  • レベル2: 次回大会の参加禁止
  • レベル3: 現シーズンに加え、次シーズンもJCG全大会への参加禁止とする。さらに、当該 シーズンで得ていた全ての権利の募集
  • レベル4: JCGからの追放(アカウントの永久BAN)

6. 運営チーム

イベント中は大会運営チームの指示に従ってください。また、大会やイベント運営の協力者も募集しています

matsujun 大会管理責任者
nemuke 大会マネージャー
niriku 大会マネージャー
hanatyan 運営スタッフ
Chrotoki 運営スタッフ

 

7. 更新履歴

10月23日 一部項目の削除・追加

  • 1.5 禁止事項についての削除・追加
    • (削除)その日の大会開始から終了まで、「デッキの調整・変更」は認められない
      • 1クラスにつき1デッキ。「同一のクラスで複数のデッキを用意し、それらのデッキを大会で入れ替えつつ使用すること」は認められない
    • (追加)試合中のデッキ変更、調整は認められません。
      • また大会中の使用ヒーローの変更は認められません。
      • 試合中のデッキの変更、調整が発覚した場合は該当試合を敗北とします。
      • 同様に大会中の使用ヒーローの変更が発覚した場合も該当試合の敗北となります。
      • 対戦相手のデッキ変更、登録ヒーローの違いを見つけた場合は、その場面のスクリーンショットを撮影し運営に抗議することが出来る。

9月15日 新シーズンに合わせ記述を一新

6月10日 補足を追記

  • 4.1Pro League 共通ルールの追記
    • (追記)提出したデッキリストは決勝トーナメント終了後、上位プレイヤーのデッキリストを公開する場合があります。しかし、大会の試合前に提出したデッキリストが公開されることはない。

5月26日 一部項目の修正・変更

  • 2.4 試合結果の報告 変更
    • (変更前)試合結果のスクリーンショット(画像ファイル)をリプレイとしてアップロードする。勝利選手が勝利画面も敗北画面もすべてアップロードすること
    • (変更後)結果報告時にスクリーンショットのアップロードは必要ないが対戦結果に異議があった場合はスクリーンショットを提出する必要がある

5月23日 一部項目の修正・変更

  • 1.2 共通ルール 修正
    • WCSポイントを持つ選手たちは、基本的に対戦表で同じグループに入らないように振り分けられる
      • ただし、WCSポイント保有プレイヤーがGroup数より多い場合、WCSポイントが少ない順に同一グループに振り分けられる
  • 1.5 禁止行為について 修正
    • その日の大会開始から終了まで、「デッキの調整・変更」は認められない
      • 1Heroにつき1デッキ。「同一のHeroで複数のデッキを用意し、それらのデッキを大会で入れ替えつつ使用すること」は認められない
      • 選手は対戦申し込み(Challenge)を行った後、デッキ選択画面から退室してはならない
    • 敗退が確定した場合を除き、参加選手はJCG及び一般ユーザー、選手の行う大会配信を見てはならない
  • 3. HSオープントーナメント 修正
    • 2本先取(BO3)のコンクエストフォーマット
    • 参加人数無制限
    • 敗者復活、3位決定戦無しの8名トーナメントを人数分作成する
    • 各トーナメントの上位1名が次回のHearthStone Pro League出場権を獲得する

5月19日 一部項目の修正・変更

  • 1.2.共通ルール 修正
    • (修正前)大会の対戦表は各選手の持つWCSポイントを考慮して組まれる
    • (修正後)WCSポイントを持つ選手たちは、基本的に対戦表で同じグループに
      入らないように振り分けられる
  • 3.HS オープントーナメント参加人数制限の変更
    • (変更前)最大128名
    • (変更後)無制限

4月28日初版公開

タグ: 大会ガイド 大会ルール 共通ルール 大会概要 Openclass Masterclass


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone

 ・Overwatch

  • ZOWIE
  • 公式ゲームパソコン GALLERIA
  • HYPER X
  • 東京アニメ・声優専門学校

© 2013 JCG All Rights Reserved.